2009/01/31

こうなったらいいなシリーズ その1:電子マネーのユーザー側の履歴強化

この先、ネタのストックがある訳じゃないですが、なんとなく始めてみました「こうなったらいいなシリーズ」

生活の中でこうなったら便利なのに、楽しいのにと思うことを備忘録的に記録していこうと思います。
これを見て、そのアイデアを実現してくれる人がいたらいいなぁ。と極めて他力本願な気持ちでやっていきたい。

また、一応ググる程度の下調べはしますが、基本的には思いつきを書き散らすことになりますので、もし「既に実現されてるよー」とか「実現予定だよー」、もしくは「ここで議論されてるよー」なんてことがあればご教授いただければ幸いです。


ではでは、第一回。


「電子マネーのユーザー側の履歴強化」


現在、多くの人が利用している電子マネー。
ぱっと思いつく限りでもSuica、Edy、iD、nanaco、Quicpayなどなど。
おサイフケータイも確実に浸透しつつあり、利便性は増すばかりです。

そんな電子マネーの利用履歴なのですが、既に企業ではマーケティングに活用されており、履歴のトラッキング、分析からのライトタイムマーケティングや消費者動向の把握などが行われている訳です。

しかしながら、ユーザー側はこの利用履歴の恩恵をほとんど享受できていません。

確かにカード一枚、おサイフケータイの場合はケータイだけ持っていれば小銭を持ち歩かなくても良く、お会計も非常にスムーズで便利ですが、デジタル化することのもうひとつの大きなメリットは利用履歴のログが取得できることです。

せっかくのデジタル化なのに、ログが利用できていないのは非常にもったいない。


ざっと調べたところ、現状ユーザー側が利用できるログは、

・利用日時
・出入金額

程度で、あとはカードによって

・利用駅(Suica、Pasmo etc)
・利用店舗(nanaco 現状セブンイレブンのみで店舗名はわからない模様)
etc

という感じのようです。
これでは何の役にも立ちません。


そこで、こうなったらいいなと思うのが

「利用履歴の標準化」と
「利用内容の詳細の取得」

の2点です。
まずは、各社の利用履歴のデータを統一標準化します。(ほんとは電子マネー自体統一して欲しいけど)
利用可能にして欲しいデータは

・日時
・利用場所(店舗名詳細)
・利用カテゴリー(食品、飲料、日用品、CD、本、交通機関、サービスetc...)
・商品/サービス名
(もっとありそうだけれど、とりあえずこんな感じで)

そして、各電子マネーはWebの個人ページと紐づけられて、即座にログが反映されるようにします。
さらに、各社がこのデータを利用できるようにAPI公開。


こうすることで、誰かが買い物データを解析するソフトを開発し、お金の管理が劇的に簡単に!

買い物をするだけで、勝手に家計簿が付けられるようになり、消費傾向の分析や最適化も楽々!
ゆくゆくは株や投資の配分も自動的に管理されるようになってハッピー!

家計簿をつけようとしては何度も挫折した僕に取っては夢のようなシステムです。


だれか実現してくれないかなー。

0 件のコメント: